2011年07月22日

アナログ停波オフ、何でやろうと思ったか

きたる7月24日(日)にアナログテレビ放送が終了するわけですが、せっかくなら停波の瞬間を見たいですよね。なんたって、テレビはカラー化とか音声多重化とかクリアビジョンとかいろいろ進化してきたのに、58年前に買った(いや当時個人で買えた人なんてほぼいないと思いますが)白黒テレビが今でも映ってたんですから。

でも、それもついに7月24日でおしまいです。今回のアナログ停波は日本のテレビ放送の58年間で、技術的な観点では最も大きな転換点というか断絶点になると言えるでしょう。この電波がバツンと切れる瞬間を見ておきたいと思いませんか! 思いますよね!

で、せっかくなら全チャンネル分同時に停波の瞬間を見届けたいと思い立ち、次のような機材を揃えたらいいんじゃないかと考えてみました。
  • ソニー トリニトロンカラーモニター「プロフィール・プロ」×12台
  • 地上波チューナー×8台(1/3/4/6/8/10/12/14ch用)
  • BSチューナー×3台(BS5/BS7/BS11ch用)
  • ファミコン×1台(2ch用)
  • アンテナ、分配機、ブースター等
  • 以上を駆動できる容量の発動発電機
これだけ揃えてどっかの公園とかだだっ広い場所にモニターをタテ3段×ヨコ4列に積んで、みんなで停波までダラダラ眺めたら最高に楽しそうじゃないですか!

……って思いついたのが停波直前なのでとてもじゃないけど個人でこれだけ集めるのは無理です。すいません orz

かわりに、すぐに用意できるものを用意しました。

20110716.jpg

さあ! どこかでこれを囲んで、みんなでアナログ停波瞬間の目撃者になりましょう!(しょうもな)

posted by 日高彰 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Information
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46896587
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック